ビジネスマナーを身につけて信頼される人材になる

言葉遣いや所作だけじゃない?ビジネスマナー研修で学びたいこと

働く上で欠かせない3つの意識

ビジネスは、コミュニケーションの上に成り立ちます。
ですから、「ビジネスマナー」は、「仕事時のコミュニケーションマナー」ということになります。
もちろん、生まれてから一度もコミュニケーションをとったことがない、という人はいません。
他者と関わりあうこと自体は、ほとんどの人が経験しています。
それらの経験によって、常識や振る舞いなどある程度のことが身についているはずです。よって、「なぜ今更マナーを学ばなけれなならないのか?」と思う方もいるかもしれません。学ぶ意義が分からなければ、学ぶ意欲も湧きませんよね。
そこで、「ビジネスマナー」を学ぶことによって得られる効果についてお話していきたいと思います。

結論から申し上げますと、「ビジネスマナー」を心得ている人は、信頼を得ることができます。信頼を得ると、仕事をスムーズに進めることができます。
ではなぜ、「ビジネスマナー」を身につけることが「信頼」に繋がるのでしょうか。

それは、「マナー」という言葉に着目すれば見えてきます。
「マナー」と聞くと、「決まりごとが多くて面倒だ」と思われる方もいるでしょう。
しかし、マナーと決まりごと、すなわちルールは全くの別物です。
というのも、ルールは、守られなければならない規則であるのに対し、マナーは、相手を思いやる行動規範だからです。
また、ルールを守ることは当たり前であり、特に評価に値しません。一方で、マナーを心得ている人は、気遣い上手であるとみなされます。
そして、そうした評価は次のような連想を生みます。「細かなところまで気を配れる人は、仕事ができる人だろう。」
この連想は、「信頼」であるとみて相違ないと思います。
「ビジネスマナー」という言葉を、「仕事をしていくうえでの心配り」と捉えてみてはいかがでしょうか。

ビジネスマナーを学ぶということ

仕事をしていく上で欠かせないことは何だと思いますか。 この問いかけに対し返ってくる答えは、実にさまざまでしょう。 しかし、その予想される答えの数々には、ある前提が隠されているように思えるのです。 その前提は、「共有すること」です。 「共有すること」を実現させる、2つの力についてお伝えしようと思います。

仕事を左右する印象

みなさんは初対面の人に対して、「この人は仕事が出来そうだ」と感じたことはありますか? 人は会って7秒でその人のことを判断するといいますが、それぐらい相手に与える印象は刹那的なものです。 最初に良い印象を持たせることができれば、のちの業務を円滑に進めることができるかもしれません。

知らないとできないビジネスマナー

いざというときに適切な行動を起こせなかったら、最悪、信用を失いかねません。 「知っていたけれどできなかった」という場合は改善の余地がありますが、「何も知らなかった」では話になりません。 まずは、状況に応じたマナーの知識を蓄えるところから始めましょう。

おすすめリンク

カナダは高校留学で人気

高校留学の中でも自由で治安が良いと評判のカナダ!英語力が上がりコミュニケーション能力も身に付きます。

TOP