ビジネスマナーを学ぶということ

仕事の基本は「伝達力」

ここでは、「報・連・相」のうちの「報告」と「連絡」について、お話していきたいと思います。
この2つは基本中の基本で、これらが出来なければ仕事を続けていくのは困難でしょう。
文字通りの意味なので、特に説明は必要ないかと思われます。
Tだ、重要なのは、自分の中でとどめないということです。
協力してビジネスを進めるにあたって、個々が情報を内に持っていても仕方ありません。
共有すべきことを判断し、それを伝達する力が必要不可欠です。
「報告」と「連絡」は「伝達力」であると、言い換えることもできるでしょう。
難しい手法は特にありません。
何を、誰に、どのように伝達するか。ある程度自分の中でまとめて、分かりやすく伝達することができるとなお良いでしょう。

上司に重宝される「質問力」

「報・連・相」の「相」の話題に移ります。
「相談」というと難しい感じがしますよね。ある程度まとまった話でないといけないのか、もっと大きな事柄でないとだめなのではないか等、悩みは尽きません。
しかし、必要なのはずばり、「質問力」です。
上司にあらゆることを質問しましょう。少しでも確証を得られないことがあったら、すぐに質問してみましょう。
なぜ「相談」することではなく、「質問力」が求められるのかというと、質問形式の方が相手が答えやすいからです。
「相談」だと、話がまとまらない上に、話の焦点が定まらなくなってしまうことが多々あります。
言いたいことが上手く伝わらず相手を怒らせてしまっては、元も子もありません。
「質問力」があればそういった不安はありませんし、結果的に「話が分かる人」「努力しようとする人」といった評価が得られるでしょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ

TOP